長崎県長崎市松山の歯医者 松尾歯科医院 口臭予防/審美歯科/インプラント/プチ矯正など

 
>> HOME > インプラント
メインメニュー 資料請求
審美歯科のことが良くわかる無料小冊子をご希望の方は下記のリンクをクリックしてください。
>> 資料請求のページへ
※長崎県内在住の方に限ります。
口臭外来

※当医院ではインプラント暦16年の経験と、豊富な手術実績を活かし、安心そして安全なインプラント治療をさせて頂いております。

不幸にして一部分または全ての歯を喪失した時の治療法として いくつかの選択肢があります。大きく分けると以下の3つです。

(1) ブリッジ
(2) 入れ歯 [ 取り外し式 ]
(3) インプラント [ 人工歯根 ]

インプラント
前歯を一本失った場合のインプラント
前歯を一本失った場合 従来では両隣の歯を削って支えにしてブリッジという方法でした。 インプラントなら抜けた部分のみに行うことにより、自分の歯と見分けがつきにくく、美しさを取り戻すことができます。
 
奥歯を失った場合のインプラント
奥歯を失った場合 取り外し式の入れ歯では、ガタつきや違和感がありました。インプラントなら取り外す必要がなく、自分の歯のように噛むことができます。
 
すべての歯を失った場合のインプラント
すべての歯を失った場合 全ての歯を失った場合でも、インプラントなら自分の歯のような機能を回復することができますので、安心して食事ができます。
 
総入れ歯が安定しない場合のインプラント
総入れ歯が安定しない場合 顎が細くやせてしまった人の総入れ歯はどうしても安定しません。入れ歯の支えにインプラントを使えば入れ歯が安定し、心理的なストレスから開放されます。
 
※上記は、3i インプラントのリーフレットより引用しました。

当医院では厚生労働省認可済みの「3i インプラント」を使用しています。

「3i インプラント」はチタン製で生体親和性に優れています。

「3i インプラント」はインプラント先進国であるアメリカでのシェアNo1です。

インプラント治療の手順 具体的な手順 インプラント治療には、1回法と2回法があります。
これは、手術回数のことです。インプラント自体の成功率には現在ではほとんど差がありませんが、最終的な仕上がりの見た目(審美性)が2回法の方がはるかに綺麗です。見た目が綺麗ということは、メインテナンス(ハミガキなど)がし易いということにつながります。このような理由(他にもありますが・・・)で当院では主に2回法を採用しています。
(1)初診(資料の収集)
お口の中の状態や型を採り、お口の模型を作成します。
レントゲンを撮ります
(2)治療計画作成
(1)の資料を基に治療計画を作成します。
(3)1次手術
フィクスチャー(インプラント本体のこと)を顎の骨に埋入します。 この時、切開した歯肉を完全に縫合しますのでフィクスチャー自体は歯肉で完全に覆われます。 ※1回法ではフィクスチャーの頭が歯肉から露出した状態で縫合します。この状態で治癒を待ちます。
(4)抜糸
1次手術から10日前後で抜糸します。
(5)2次手術
歯肉に完全に覆われているフィクスチャーを露出させてヒーリングアバットメントと呼ばれるものを接続します。この時に将来ハミガキがし易くなるように歯肉の整形をします。
上記のヒーリングアバットメントにプラスチック製の仮歯を装着します。(この時点でとりあえず噛める様にします。)
※1回法ではフィクスチャーの頭が歯肉から露出した状態で縫合します。この状態で治癒を待ちます。
(6)抜糸と仮歯の調整(プロビジョナルレストレーション)
2次手術から10日前後で抜糸します。また、仮歯の噛み合わせや形態などを調整します。
(7)最終の歯を作ります(ファイナルレストレーション)
仮歯で得られた情報(噛み合わせや形態など)を参考に最終的な歯を作り、装着します。

歯肉の条件がよければ、当院でも1回法でやることがあります。 一度お口の中を診察してから判断します。

2回法の方が治療期間が1回法よりも1〜2ヶ月長くなります。

恐怖心はあるとは思いますが、親知らずを抜歯するのと同程度の手術で、1次手術の後に3〜4日程、少し腫れぼったい感じがするかもしれません。2次手術の後はほとんど痛まないと思います。これは個人差があるのでなんともいえませんが・・・

インプラントの歴史は約40年になりますが、現在では成功率は約97〜98%です。(ガンなどの生存率と同じで、術後5年で全く問題がないこと)